browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

薄毛対策は病院で

薄毛対策は病院で

朝起きてため息がどうしても出てしまう。

鏡に映る自分の姿がとても悲しい。

笑う顔、怒る顔、悩む顔、どんな顔をしても頭に目線が向かってしまう。

か、髪が少なく頭皮がひょっこり顔を出す。

悔しいから頭皮が現れた場所に強引に髪の毛をセットすると別の場所から頭皮が現れる。

なんと悲しいもぐら叩き状態。

友人に言わせると薄毛は病院へ行くといいと言う。

しかし行くとなってもどんな薄毛対策を行い、どんな病院に行けばいいのかさっぱり分からない。

人は簡単に言うが費用だって簡単なものではないし、ポンと生えてくるわけではないので期間だってかなりかかるだろう。

そして何より人に知られたらどれだけフッサフサに回復してもハゲのレッテルを貼られてしまいそうで恐ろしい。

でもこのまま放置しても髪の毛さんが頑張ってくれるとも考えにくい。

そうなるとやはり頼りになるのはお医者様となってくる。

よし!鏡に映る自分の頭皮を無くすために治療を始めよう!と思う。

まずは個人情報をしっかりと守ってくれるところを探すところから始めて相談に行こうと思う。

嫁さんに薄毛をバカにされて病院に行ってきた

最近嫁さんに「あんた髪の薄毛になってきたね、近い将来ハゲる前に病院に行ったら?」と言われてしまった。

優しい嫁さんはハゲたとしても大好きだよとは言ってくれたのですが、喧嘩になった時に口論でこちらの事を「ハゲ!」と発言する機会が増えてきたのです。

それって完全にただの悪口じゃないかとへこみながらも、相手の立場になって考えてみたら自慢の旦那が禿てたら確かに嫌なのかもしれないなと思いました。

そこで恐る恐る本気で薄毛治療をするために病院に行っていいか嫁さんに相談したところ、快く了承してくれたのです。

薄毛に特化した病院

普段お小遣いすら全然上げてくれなかったのにも関わらず了承してくれたということはやはり口ではハゲても良いと言っていても、心では勘弁してほしいと考えていたに違いない。

どちらにしてもお財布の紐を握っている嫁さんからのOKサインが出たので早速薄毛の相談をしに病院に行ってくるとします。

何とか早く髪の毛を復活させて嫁さんを喜ばせてあげたいなと思います。


© 2014 薄毛の相談をしに病院へ